2016年の母の日は5月8日(日)です。

家族み~んなで笑顔の花♪

富山 結婚記念日のお花

こんにちは。富山市のお花屋さん花詩織りです。

2016年5月8日は母の日です。お母様へお花を贈り、日頃の感謝を伝える大切な日です。

皆様は”母の日”の起源をご存知ですか?
昔、ウェストバージニア州にアン・ジャービスという女性がいました。彼女は南北戦争中、「母の仕事の日」と称して、敵味方問わず負傷兵の保護を改善するために地域の女性を結束させる活動を行いました。でも結局ジャービスの「母の仕事の日」は世の中に普及することはありませんでした。

母の日 花束

やがて1905年の5月にジャービスが天国に召され、母親を深く愛していた娘のアンナは、亡き母親ジャービスを偲び、1907年、支援者たちと全国的な「母の日」の普及運動を始めました。

そしてアンナは母の命日5月10日に、母が日曜学校の教師をしていたウエストバージニアの教会で470人の生徒と母親達と同教会に集まり最初の「母の日」を祝ったのです。生徒や母親たちはアンナの母親をいつまでも愛する想いに感銘を受け、この会に参加しました。それが5月の第2日曜日だったことから今の母の日となったのです。

アンナは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡しました。このことから、白いカーネーションが母の日のシンボルとなりました。
やがて5月第2日曜日は「母の日」は1914年にアメリカの記念日になりました。

今では母の日になると、様々な色のカーネーションが花屋の店先に並びますが、花詩織りではカーネーションにこだわらず
『母の日の素敵な花贈り』をテーマに、オリジナルな花束やアレンジメント、プリザーブド&アーテイシャルフラワーをご提案しています。

母の日 花 富山市

花詩織りの母の日

花詩織りでは母の日に、生花はもとより、枯れないお花プリザーブドフラワーをお勧めしています。
プリザーブドフラワーは、新鮮な生花を脱水作用がある脱色液に漬けて乾燥させたお花で
生きているお花とまったく見違えるほどに鮮やかな発色のお花です。
”いつまでも咲いている花”として近年、インテリアでも大人気なアイテムです。
花詩織りではプロのフローリストがお客様のご要望をお伺いして、あなただけのプリザーブドフラワーアレンジメントをおつくりします。
「毎年カーネーションばかりで、今年は何か違うものを贈りたい」という方にはとてもおすすめです♪
ご予算5,000円(税抜)~

母の日プリザーブドフラワー
アートプリザーブドフラワー

 

花束アレンジメントももちろんご用意いたします。

プリザーブドではなく、やはり生花を贈りたいというお客様には、もちろん素敵な花束やアレンジメントをおつくりいたします。
花詩織りでは、プロのフローリストが心を込めてひとつひとつ丁寧におつくりし、ご提供しますので、ご予約はできるだけお早めにお願い致します。
お店は当日大変込み合いますので、事前のご予約をお願い致します。
お母様のご年齢。お好きなお色等を伺い、世界にたった一つの花束、アレンジメントをおつくりいたします。
お母様がまた来年もお花が待ち遠しくなるような作品をご提供したく思いますので
事前のご予約を宜しくお願いいたします。

お電話でのご予約は
Tel 076-491-0878
もちろんご来店いただいてのご予約なら、より詳しくご要望をお聞きできますので
是非、お店までお花に会いにいらして下さい。

母の日に花詩織りのアーテイシャルフラワー

限定数になりますが、花詩織りでは母の日に、プロが創るアーテイシャルフラワーもご提案いたします。
アーテイシャルフラワーはその名のとおりアート感覚に溢れた造花です。
造花ではありますが、アレンジメントになった途端、誰もが活き活きとした生花と見違えます。
いつまでも枯れることのないお花ですので、近年、インテリアとしても大変喜ばれています。
”いつまでも変わることのない愛情”をあらわすお花でもありますので、母の日には大変お勧めです。
こちらは限定生産になりますのでお早目のご予約をお願い致します。
ご予算 5,000円(税抜)~

アーティシャルフラワー

 

母の日に富山市花スタジオ花詩織りのお花を・・・

”今までにないようなお花を贈りたい””感謝を込めて喜んでもらいたい”

皆様のお母様へのお気持ちを花という形にします。

一つ一つオリジナルな花々を贈る一日は、きっと忘れられない記念日になることでしょう。

「ありがとうの花」

大切なお母様へ

愛を込めて・・・。

富山市のお花屋 花詩織り
プリザーブドアート 富山市 
母の日 富山